エステ脱毛器コンデンサ容量の重要性 必須 - 業務用脱毛機158万シャルム4000W圧倒的効果で人気 IPL SHRCフォトラジオ波1発0.1円

エステ脱毛器コンデンサ容量の重要性 必須

2022年12月25日
今回はエステ脱毛器に欠かせないコンデンサ容量の重要性について
何にでも使われるコンデンサ、コンデンサとは殆どの電子機器に使用されているとても重要な電子部品の一つです。電子回路や電源回路、電源そのものなどの幅広い用途の一つです。コンデンサは抵抗やコイルと共に電子回路の基本となる3大受動部品と呼ばれています。受動部品とは受け取った電力を消費したり、貯めたり、放出したり部品の事です。集積回路のように小さな電力を受け取り、それを増幅して一定の出力を行うような能動的な働きをする事が出来ません。ただ電気を受けて流すだけと単純な部品というイメージがありますが、能動部品を正しく動かす為には受動部品は欠かせない大切な部品です。コンデンサの基本構造は絶縁体を2個の金属板で挟み込んだ形です。絶縁体とは電気を通さない物質の事。コンデンサに使う絶縁体は特に誘導体と呼びます。電気が流れるとは誘導の中にある+−の電荷が移動する事です。電気を流そうとすると回路上の電荷が動きはじめますが金属板の間に絶縁体があるためそこから先に移動出来ませんその為片方の金属版には電荷が貯まります。すると絶縁体を挟んだ反対側の金属板には反対の電荷が溜まります。こうしてコンデンサは、2枚の金属版の間に電荷が蓄えられる仕組みになっています。絶縁体の種類にはガス、オイル、セラミックや樹旨と種類があります。また金属板の構造も単純な平行型だけではなく、巻き型や積層型など様々です。絶縁体の種類やコンデンサの構造により蓄えられる電荷の量や対応する周波数が異なる為要途に合わせて使い分けられます。コンデンサは電気を蓄えたり放電するのに重要な部品です。エステ用脱毛器では光を連続で放つ為にコンデンサの容量は必須となります。なんと言っても連続の光を一定に保ちながら放出しなければ脱毛効果に大きく影響が出てきます。コンデンサの容量が大きければ大きい程コンデンサの電荷を蓄えたり放電したりできる機能は電圧を一定に保つためにも使えます。並列回路に入ってくる電圧が高い時は充電し、電圧が低い時には放電し電圧の軽減できるのです。コンセントから流れてくる電圧は交流電流ですが 多くの電子回路は直流電流で動きます。その為交流を直流に変える作用を持つ整流回路を通して一方に整えるのですがその段階では波の山の部分が続くような不安定な電流となっています。そのでコンデンサにより脈動を抑え電圧を一定に保つ仕組みになっています。ムラのないパワーの強いサロン用脱毛器を選びましょう。